便利な引き落としにシステムをうまく利用してお金を管理しよう

今では引き落しのシステムを全く使っていない人のほうが、社会人では珍しいでしょう。毎月毎月、色々支払う物が決まっていて、そしてその種類もかなり多いでしょう。公共料金の支払いや、クレジットカードの支払いを銀行や信用金庫などので引き落としにしている人が多いでしょう。

そして、ちょっと期間を開けて通帳に記帳しすると、すごくたくさん記帳される人も多いでしょう。便利なのですが、時々ちゃんと記帳しないと、お金、特に出費に関して少しルーズになってしまうかもしれません。ちなみに、公共料金などをクレジットカードで毎月支払うようにしている人も最近は増えました。この方法ですと、各公共料金の料金が記帳されないので、それを不便に思う人というのはいるでしょう。それらの料金はクレジットカードの毎月の明細書に記載されるので、別に気にならないという人もいるでしょうけれど、通帳を見ただけでは3ヶ月前の電気料金がわからないとかいうのはあります。少しお金の管理がしにくいと感じる人もいるかもしれません。しかし、公共料金も可能なものはクレジットカード払いにすると、そのクレジットカードのポイントが貯まります。これは結構嬉しいものです。公共料金は全部合わせると毎月結構な金額になります。それが、クレジットカードで毎月支払う、というか、クレジットカードから毎月引き落としになるようにすると、ポイントがどんどん貯まっていきます。黙っていても貯まっていきます。そして、そのポイントを色々に利用出来るので、楽しみが増えるでしょう。しかし、公共料金などを全てクレジット払いにすると、そのカードの引き落し日に、結構大きな金額が一度に引き落とされる事になります。残高がぎりぎりの人は要注意です。クレジットカードを使用している人でなくても、残高がぎりぎりの通帳の場合は引き落し日に注意しましょう。

お金の管理は引き落とし管理から始まる

お金を管理する中で、気をつけなくてはならないのは借入や買い物などを引き落としにしているとき、いつどれくらいの金額が引き落としされるのかを把握しておくことです。ところが借入は数カ所にあり、引き落とし日も異なるし、クレジットカードは数枚持っており、どのカードも使っているため、その引き落とし日も異なっているしと、ひと月の中でも、色々とあると把握が大変です。しかも、その支払を複数の銀行にしていると更に管理しきれなくなります。その結果、今月の残高すら解らなくなり、自分の余裕の資金がどれ位使えるのかも麻痺して、借金地獄に堕ちていく人達も少なくありません。

私は複数のクレジットカードを持っていますが、一つの銀行から引き落としをすることにしています。光熱費や電話代など毎月の支払があるものは、一つの通帳で惹き年をするようにまとめています。同時に、給料を振り込む口座にもしています。どれくらいの金額を利用しているか、家計簿ソフトなどで、金融機関残高もクレジット利用残高もリアルタイムでチェックができるソフトで確認をしています。数百万円の融資可能枠のあるカードローンも契約していますから、使いすぎた時は、そこでまとめて借りて、一本化してリボ払いにしまうことで管理をシンプルにしています。貯金も借金もお金に関わる管理は、使いすぎに気をつけたり、滞納や支払い延滞にならないように、いつもすっきりとした方法を用いることが大事だと思います。でなければ、まだまだ大丈夫と言う思いが先に立つと怖いです。不幸な状況になることもあり得ますので気をつけたいものです。

毎月のお金の引き落としを管理すること

普段の買い物はなるべく現金でしていましたが、あっという間になくなってしまってなんだか悲しいです。おろしたばかりだと思っていたお金なのに知らない間になくなっている。大きな買い物をしてなくなったら納得できるのですが、日々の食料品など小さな買い物が毎日あるので、無駄遣いしているわけではないのになんだかあっという間ということありませんか。お金ってなかなかたまりませんね。クレジットカードは借金をしているようでいやだなと思っているのですが、あまり使わなかったカードでもポイントがたまってギフト券と交換できました。臨時収入のようでうれしかったです。

それから得をするかなと思い毎日の買い物だけはクレジットカードにしてみました。何枚かもつと分からなくなってしまうかもしれないのですが、灯油やガソリンはこのカードのほうが得とかここの買い物はこのカードなら5パーセント割引になるとかあると何枚か必要になります。おかげでカードの引き落とし日がばらばらなので残高をきちんと確認しておかないと引き落としができないとか、他の引き落としに影響があったり。引き落とせなかったらあとから請求がきて、事務手数料や再発行料など、得するはずのカードポイントが手数料を取られるようでは損ですね。

今でもカードは持っていますが、一枚にして他のカードはクレジット機能ではなく提示するだけでサービスがうけられるタイプのものにしています。シンプルになったので引き落とし日もひとつ。一枚でこつこつためてまたギフト券と交換をめざします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です